足立区竹ノ塚の歯医者は城西石山歯科医院

診療案内

一般歯科

虫歯治療、歯周病治療、歯槽膿漏の治療など、一般的な歯の治療を行っております。

「歯がしみる」「歯が痛む」「詰め物が取れてしまった」「歯茎から血が出る」など、お口の中のお困りごとがございましたら、ご相談下さい。虫歯は一度出来てしまうと、自然治癒することはありません。治療が早めであればあるほど、有効的です。

放置せず早めに治しましょう。

虫歯や歯周病以外のご相談も承ります。

「お口の中が乾燥する」「舌がピリピリする」などのご相談も承ります。これらの原因は、ストレス、ビタミン不足、日常生活の姿勢が悪いなど、様々な原因が考えられます。
相談の内容によっては、専門性の高い口腔外科などをご紹介させていただくことも可能です。

なるべく痛くない治療を目指します。

歯医者に行くのは、「痛いから嫌だ」という声がよく聞かれます。痛みを軽減するために、麻酔を使用しますが、その麻酔自体が痛くて苦手だという方も少なくありません。
当院では、麻酔の痛みをなるべく軽減するために、表面麻酔(注射の前に塗る麻酔)を使用しております。また、麻酔に使用する針も極細の注射針を使用しているため、だいぶ痛みが和らぎ、患者様からも好評をいただいております。

小児歯科

成長途中にある小さなお子様にとって、「歯」はとても大事なものです。大人になる前に、虫歯にならない習慣、歯医者に気軽に通える習慣を持っていただくために、お子様一人ひとりの治療に時間をかけ、怖いというイメージを持たれないように、様々な治療の工夫を行っております。

小児歯科の治療方針

お子様には、『歯医者は怖い』というイメージを与えずに安心して来院いただけるように心がけております。当院では、麻酔をかけずに、時間をかけて、お子様一人一人に合わせた治療をしております。

最後まで治療を頑張ったお子様には、ご褒美をプレゼント☆

頑張ったお子さまにはプレゼント

治療を頑張ったお子様には、「風船」プレゼントしています。色も多数そろえておりますので、楽しみにご来院ください。
歯医者というのは、大人でも怖くて嫌だという方が少なくありません。少しでもお子様が恐怖心を取り除き、歯医者に通ってくれるきっかけになってくれたらいいなという思いで続けております。

ホワイトニング・セラミック

ホワイトニング、オールセラミック、メタルボンドによる審美をおこなっております。

当院でのホワイトニングはホームブリーチングを採用しております。
好きな時間と場所で実行できるので、お手軽です。元に戻るのが比較的長いです。

オールセラミックは金属アレルギーの方にお勧めしております。

ハイブリッドレジン(耐久性、強度に優れた比較的安価な新しい修復材料です。)
なども使用しています。

美しい笑顔にするホワイトニング・セラミック

ホワイトニング(歯の漂白)について

ホワイトニングジェルと青色LED照射器

ホワイトニングとは、毎日きちんと歯磨きをしていても、生活する上で、自然と着色してしまう、歯の内部に取り込まれた色素を分解、除去することで、歯を白くする方法のことをいいます。

当院では、「ビビットホワイトニングシステム」という、専用のホワイトニングジェルと、青色LED照射器を使用した、ホワイトニングをご提供しております。ご興味のある方は、お気軽にお尋ねください。

こんな方にオススメです。

○歯をもっと白く、キレイにしたい方
○なるべく削らない方法で歯を白くしたい方

※ホワイトニングの効果には個人差がございます。

矯正歯科

当院では月2回、矯正の専門の先生を招いて、治療をしております。

検査→分析→治療計画→計画→説明→治療→メンテナンスと患者さん一人ひとりに合った治療をおこなっています。

歯全体の事も考えながら治療するので、見た目も綺麗に、歯の健康も維持できます。

予防歯科

予防は大きく分けて2段階あります。

お口の中の環境を整えるための歯の治療、歯肉の治療、安定したお口の中を長く維持させるためのメンテナンス

これらをドクター(歯科医師)とハイジニスト(歯科衛生士)、アシスタント(歯科助手)との連携により定期的におこなっていくことで、患者さんのお口の中の健康が維持されます。

3Mix-MP法

3Mix-MP法を採用しております。
3Mix-MP法とは従来の治療法とは違い、痛みが少なく、治療回数も少なく、歯の神経の治療が必要ないというものです。

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、虫歯予防をしようというものです。

フッ素塗布

フッ素塗布とは、歯にフッ素を塗り、虫歯を予防しようというものです。
決して虫歯を治すものではないので、塗ったから安心というものではありません。
日ごろのメンテナンスが必要です。

歯のクリーニング

歯のクリーニングとは?

当院で行う歯のクリーニングは、毎日の歯磨きでは落としきれない歯の汚れ・歯垢・歯石などを、歯医者の専門器具を使ってお掃除いたします。

虫歯・歯周病の予防効果

歯のクリーニングを定期的に行うことで、虫歯・歯周病の予防効果が期待でき、清潔できれいな歯を保つことができます。

  • 歯垢や歯石を取り除き、炎症を抑える効果が期待できます。
  • 毎日の歯磨きでは落としきれない細菌を除去し、虫歯や歯周病リスクを軽減することができます。
  • 歯の表面の汚れを落とすことで、歯の輝きを取り戻すことができます。
  • 健康で清潔なきれいな歯で過ごせます。

※歯のクリーニングとホワイトニングの違い
歯の汚れを取り除くのがクリーニングで、歯そのものの色を白く漂白するのがホワイトニングです。
歯のクリーニングは、通常の定期検診と併せて行います。

歯のクリーニング・PMTCの流れ

お口の中の環境を整えるための歯の治療、歯肉の治療、安定したお口の中を長く維持させるためのメンテナンス

歯のクリーニング・ホワイトニングについて

以前は、痛みやかぶせ物が取れる等の症状が出てから来院される患者さんがほとんどでした。
しかし、最近は健康への関心知識を持つ方々が増え、予防に対する意識を持ち来院される患者さんが増えてきました。ブラッシング方法や、自分に合う歯ブラシ等の清掃用具についての質問も各段に増えてきたように思います。ホワイトニングについては、着色の原因が歯そのものの色なのか、飲食や歯石等の外からのものなのかで対処法が変わってきます。歯自体の色を白くしたいのであれば、薬剤を使っての自費治療を御案内します。しかし、大体の患者さんは歯垢・歯石を除去し、歯の研磨をする事で明るさと輝きが戻り、満足されています。

歯のクリーニングの費用と治療時間について

当院でのクリーニングは、基本的に保険治療(3割負担)で2,000円前後、30分~1時間で全ての歯の歯石除去から研磨まで行います。ただし、これは定期的に通院されている方の平均ですので、初診の方、歯石の量が多い方は変わってきます。

歯のクリーニング後の流れ

クリーニング後は、磨き残りのあった場所をお伝えし、お手入れのアドバイスも致します。
あとは、大切なクリーニング後の状況を出来るだけ維持できるかと言う事です。
患者さんの清掃状況に合わせて次回のご予約時期をご案内致します。

口腔外科

当院では、親知らず、顎関節症、歯ぎしり等もしっかり治療しています。
付けている事がわかりづらい、マウスピース矯正もございますので、お気軽にお尋ね下さい。

歯ぎしり

入れ歯(義歯)

現在は、異物感が少ない、薄い金属で作る入れ歯や、針金を使わない見た目が自然な入れ歯などもあります。

金属床義歯

金属床義歯

特徴
薄い素材
異物感を感じにくい
熱を感じるので味が感じやすくなる
汚れが付着しづらい

金属バネの無い入れ歯・ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)

金属バネの無い入れ歯・ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)

特徴
付けていても見えない
審美性に優れている
弾力性がある
強度もある

保険適用の入れ歯(義歯)

保険適用の入れ歯(義歯)

特徴
(利点)
保険が適応されるため安価
素材は破損が生じても修理しやすい

(欠点)
金属などに比べ、臭いや汚れが吸着しやすい
長期間の使用で変色やすり減りが起こる
保険診療で作りなおす場合は、作製日から6カ月以上空けなければならない

インプラント治療

インプラント(人工歯根)は自分の歯を削ることなく、異物感のない第3の補綴(自分の歯に代わるもの)として注目されています。インプラントは出来る方、出来ない方がいらっしゃいますので、ご相談下さい。

義歯、ブリッジ、インプラントの利点、欠点

  義歯 ブリッジ インプラント
利点
  • 適応が広い
  • 歯を削ることが少ない
  • 義歯のように異物感がない
  • 自分の歯のような感覚が得られる
  • 審美性に富む
  • 周囲の健全な歯を傷つけない
  • 噛む力、味覚が低下しない
欠点
  • 異物感が強い
  • 金属の針金が目立つことがある
  • 自分の歯を削ることになる
  • 適応が限られる
  • 手術が必要
  • 全身疾患や顎の骨の具合によっては治療できない
  義歯
利点
  • 適応が広い
  • 歯を削ることが少ない
欠点
  • 異物感が強い
  • 金属の針金が目立つことがある
  ブリッジ
利点
  • 義歯のように異物感がない
欠点
  • 自分の歯を削ることになる
  • 適応が限られる
  インプラント
利点
  • 自分の歯のような感覚が得られる
  • 審美性に富む
  • 周囲の健全な歯を傷つけない
  • 噛む力、味覚が低下しない
欠点
  • 手術が必要
  • 全身疾患や顎の骨の具合によっては治療できない
↑
上に戻る